忍者ブログ

オーストラリアはブリスベン在住の一般学生がだらだら日常生活in Brisbaneを紹介するブログです。何かのお役に立てれば幸いです。

そうだ、Brisbaneへいこう。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ケータイ電話が使えるようになるまで

こんばんは。

今日はケータイ電話についてお話しします。

まず、通信手段を確保するにあたっての2パターンをご紹介します。

SIMカードを入手して手持ちの電話で使用する方法と、電話とSIMを契約で入手する方法です。

留学生・ワーホリに多いのが前者です。なぜならば、契約するには2年以上の滞在を証明する書類が必要になるからです。残念ながら、ワーホリで入国されている方はまずこれが証明できません。学生さんの場合も、2年以上確実に入学することが決まっている方でないと証明できませんよね…

契約の場合は機種の料金を24ヶ月で頭割りして割引してもらう日本と同じ様式なので、24ヶ月確実に支払い出来る状況にないと契約してもらえないといった感じです(24ヶ月ローンを組むのと同じなので、とりあえずそれ以上の滞在期間が最低条件になります)

そこで、大半の方はSIMカードのプランもしくはプリペイドSIMでの電話使用を選びます。

もし手持ちのケータイがSIMフリーであればそのまま使えます。が、シェア率No.1のiPhoneシリーズ(日本の)は今のところSIMフリーではないので気を付けてください。電波受信部が日本仕様なんだとか。オーストラリアで購入したものに関しては何の問題もありません。また、Wi-Fiのみで手持ちの電話を使用して、滞在期間中の連絡手段を安いガラケーで済ます方も多いです。$40程度で電話とテキストが出来るので、ある程度のコンタクトはこれで出来ます。

SIMはリチャージ式のプリペイド(スーパーで手に入ります/その後のリチャージもスーパーでお金を払ってシリアルナンバーを入手できます)もしくは各キャリア会社のもつSIMのみのプラン(住所さえ証明できれば、2年以上の滞在は必要ありません)で確保する方法があります。

自分のデータ使用料と通話使用料を考えて選んでもらえれば良いかと思います。


スーパーに行くかあるいはキャリア会社(Vodafone、Optus、Telestraあたりがメジャーです)に行ってSIMカードプランにしたいんですけど...と言えばあとは店員さんがしてくれます。必要なものは、パスポートもしくは身分が証明できるものと住所が確認できるもの(銀行からの手紙で十分です) くらいですかね。


意外と簡単だと思います。
が、何かあればお答えしますのでいつでもご質問等どうぞ

では今日はこの辺で



多くの方へ知ってもらうため、ブログランキングに参加しました。
よろしければご支援お願いします
人気ブログランキングへ




PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
NTK
性別:
女性
職業:
大学生
自己紹介:
大阪出身のブリスベン(Brisbane)在住大学生。弟に続き渡豪するも、英語0からのスタート。1年間の語学留学の後一時帰国し、現在ブリスベンにある大学で自分の分野再始動中。
オーストラリアのラグビー大好きです。

ページ

P R

Copyright ©  -- そうだ、Brisbaneへいこう。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]